『走ることについて語るときに僕の語ること/村上春樹』を読んで

小説を書くための体力を養うために
走っていることは知っていたけれど
こんなにストイックに、
走っているなんて知らなかった。

文章って、書き手の人間性が本当によく出ると
改めて感じた。

村上さんの文章は
長距離走そのものだと思う。

生き急がない、先走らない。
急にペースを上げたりせず、
トツトツと走る。
文章も、村上さんも。

村上さんが短距離走型の作家でなくてよかった。
おかげでクオリティの高い作品を
長い期間、リアルタイムで読むことができる。

僕も頑張ろう、トツトツと。




走ることについて語るときに僕の語ること
文藝春秋
村上 春樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 走ることについて語るときに僕の語ること の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック