「ヘヴンリー・ブルー/村山由佳」を読んで

村山さん、まいりました。
もう、勘弁してください。

最初の数ページを読んだだけで、胸がきゅうううううっっっと苦しくなって、
「天使の卵」と「天使の梯子」を読んで流した泪の計2冊分が一気にあふれ出してきました。
後生ですから、もう勘弁してください。


今日はこれ以上のことを書けません。
この本の感想は後日改めて書きます。


<一夜明けて>
今2回目を読んでいます。
読み終えたあと、すぐに読み直すことなんてめったにないのですが。
「天使の卵」にはじまるこのシリーズに、
これだけ惹かれるのは自分での少し以上じゃないかと思う。

前世というものがあるのかどうかわからないけれど、
もしあるとしたら、今生で克服すべき課題がこの本に書かれてあるのだろうか。
原罪とでもいうべきものが。


ヘヴンリー・ブルー

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック