「きっと、うまくいく」を観て

友人に奨められたものは、映画も小説もなるたけ早く観るように(読むように)しているんだけど、この映画だけは奨められてから観るのに一年以上かかってしまった。

もっともらしい言い訳を言えば、「まだ観るときではなかった」って云うか、Mさん遅くなってごめんなさい。

インド映画らしいと云えばそれまでなんだけど、ロマンスあり、友情あり、巨悪あり、教訓あり、大逆転劇あり、もちろん突然始まるダンスありで、2時間50分の長い映画だったんだけど、全然長く感じなかった。

盛り沢山の映画だから見どころもたくさんあるんだけど、僕の一番のお勧めは、自分の力を信じ勇気を持って一歩前に踏み出すところかな。

観たあとにすごく元気が出る映画なので、ぼくもお奨めの一本です。


2009年、インド映画
ラージクマール・ヒラーニ監督
Five Point Someone(英語版)原作



きっと、うまくいく [Blu-ray]
Happinet(SB)(D)
2013-12-03

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by きっと、うまくいく [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック