いろいろ感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS 『世界一キライなあなたに(原題 Me Before You)』を観て

<<   作成日時 : 2017/07/23 15:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

製作配給:2016年Warner Bros.
監督:Thea Sharrock
原作脚本:Jojo Moyes
キャスト:Emilia Clarke(ルイーザ)、Sam Claflin(ウィル)、Steve Peacocke(ネイサン)

涙がポタポタと、静かに流れ落ちた。
もう一度見たら、
最初から泣くかもしれない。
そんな、映画だった。

なんなのだろう、
かなり重いテーマなのに
観た後のこの清涼感。

もし自分がウィルの立場だったら、
ルイーズの立場だったらと
観た後に何度も考えさせられた。

もしルイーザの立場だったなら
ウィルに考え直してもらいたい、
生きていてもらいたい、
できれば自分が彼の希望になりたいと思うと思う。
そこまでは間違いない。

けれど、ウィルの尊厳死に賛成できるだろうか、
最後の瞬間に立ち会えるだろうか。

もしもウィルの立場だったなら
ルイーザにあれだけ止められても
当初の予定通り尊厳死を選んだろうか。
自分の生きる希望は無くなったけれど
ルイーザと少しでも長く一緒にいたいと思わないだろうか。

ルイーザのことを思うからこそ
彼女の重荷にならないように
尊厳死を選ぼうとしただろうか。


週末に映画を観るようになって四週目。
改めて自分の知らない魅力的な女優さんが沢山いたことに驚かされる。

この映画の主演をしているEmilia Clarkeもその一人。

こんなにチャーミングなおでこのシワを見たことは
たぶんこれまでになかったと思う。

それに存在感十分の太くて長い眉毛。

小さな顔にアンバランスなほどの大きな口。

長身・ブロンド・スタイル抜群と云うわけではないけれど、
とても魅力的な女優さんだった。

言い忘れるところだったけど、
邦題の『世界一キライなあなたに』はちょっとヒドイ。
この映画をきちんと観た人なら
こんな邦題は思いつかないと思うけどな。

原題のままのMe Before Youか
そのまま直訳して「あなたに出会う前の私」の方が
余程ましだと思うな。

邦題を付けられた方、
どなたか存じませんが勝手なことを言ってスミマセン。




世界一キライなあなたに [DVD]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2017-07-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 世界一キライなあなたに [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『世界一キライなあなたに(原題 Me Before You)』を観て いろいろ感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる