いろいろ感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS 『娚の一生/西 炯子』を読んで

<<   作成日時 : 2016/02/20 20:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

先日映画化されたDVDを観たのをきっかけに、
原作も読んでみたいと思って
kindleで大人買いしました。

映画化された原作のほうが
数倍面白いことが多いんだけど、
(あくまで主観だけど)この話は数倍どころじゃなかった。
数十倍面白いね。

概ねの筋は映画も原作も一緒なんだけど、
恋愛の機微って云えばいいのかな、
こころがグラって動く瞬間の描写が
段違いに原作は上だったと思う。

榮倉奈々と豊川悦治の演技も悪くなかったけど
120〜150分にまとめなければならない
映画の限界なのかな。

作者の思想は、ディテールにこそ、より如実に現れるって云われるけど
本当にそうだと思う。

吹き出しに入っていない
心の声なのかつぶやきなのかわからないようなセリフや
セリフのない絵だけで流れていく間の取り方など、
コミックでなければ味わえないテイストだなあって
改めて思った。

海江田 醇といまの僕の年齢はほとんど変わらないけど
ひさしぶりに恋愛したいなって
(そんな熱さがぼくにまだ残っていたらだけど)
思わされる物語でした。

また、スピンオフの物語(第4巻)って、
食後のデザートやコーヒーみたいな
落ち着いた雰囲気の中で
展開されることが多いんだけど、
本編に負けず劣らず
読み応えのあるものばかりだったことも
読後感の良かった理由の一つかもしれない。

本編のどこかに入れようとして描いたんだけれど
編集上の何らかの理由で
入れられなかったものを
改めて組み直したような気もします。
そのくらい秀逸なものばかりでした。

西 炯子さんの作品を
もうちょっと読んでみようかな。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『娚の一生/西 炯子』を読んで いろいろ感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる