『嫌われる勇気/岸見 一郎 他』を読んで

アドラー心理学の考え方自体はかなり難解ですが、
読んでいてとても勇気と活力が湧いてくるとてもよい本でした。

仕事に失敗した人、
夢に破れた人、
恋人と別れた人、
人と上手くやれない人、
親との関係に悩んでいる人など、
自分は不幸だと感じている人すべてに薦めたい一冊です。

「あなたがどんな刹那を送っていようと、たとえあなたを嫌う人がいようと、
「他社に貢献するのだ」という導きの星さえ見失わなければ、
迷うことはないし、なにをしてもいい、嫌われる人には嫌われ、
自由に生きてかまわない」のだ。

「いま、ここ」を真剣に生きよう。




嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
ダイヤモンド社
岸見 一郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

アドレリアン
2014年10月16日 20:25
はじめまして。

ブログを拝見させていただきました。


『嫌われる勇気』読書会&講演会にご参加されると
より深く理解されるかと思います。
よろしければぜひご参加ください。

11月09日(日)13:30~
新大阪丸ビル新館 609号室 

noblesseoblige.co@gmail.com

http://www2.ocn.ne.jp/~cerulean/301.html

この記事へのトラックバック