『おいしいコーヒーのいれ方 Second Season II 明日の約束/村山由佳』を読んで

大きな嵐の前夜とでもいうような静かなトーンだった。
っていうか、ほかに長編小説を執筆中なのか
趣味や生活が忙しすぎるのかわからないけれど
今回は気持ちが今ひとつ入っていないな、という印象を受けた。

心理描写をするときに、
「瞬発力」としか表現しようがないような
力を込めて書かれた個所もあるにはあるが
全体的な印象としては
「こころ、ここにあらず」っていう感じが
僕としては否めないな。

小説としてある程度まとまったボリュームで読むために
一年間待っているひともいるのだから(僕のように)、
もう少しおなかがふくれる内容にしてほしかったというのが
今回の正直な感想です。

村山さん、これを読んで気を悪くしたらごめんなさい。
だけど、村山作品をほとんど読破した者からすると
上記のような印象を持ってしまいました。



おいしいコーヒーのいれ方 Second Season II(2) 明日の約束 (ジャンプ ジェイ ブックス)
集英社
村山 由佳

ユーザレビュー:
波風を立てない「おい ...
セカンドシーズン2冊 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック