「青のフェルマータ/村山由佳」を読んで

悲しいエピソードが幾つか織り交ぜられているけど、全体を通してみると心があったかくなる話だった。
村山さんの暖かさが作品にまで染み出たような作品とでも言うのかなあ。
たぶん、ジョセフィンとのふれあいやつながりを通じてとても暖かい感情で満ち溢れていた時に、作家としての本能がこの小説を書かせたんじゃないかな。

こころがガサガサにささくれ立っている時に読むと効果絶大かな、やっぱり。
「癒し」と言ってしまうととてもベタなんだけど、そう言うことなんだろうな、たぶんね。



青のフェルマータ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 台風一過、読書の日曜日

    Excerpt: 昨晩は台風が通り過ぎ、荒れまくりの夜でした。家の中に居る分にはわからなかったのですが、あ、台風は接近してたんだなと感じる爪あとらしきものがちらほら。こちらは幸い大きな被害もありませんでしたが。今日一日.. Weblog: MARGARETの徒然草~DiamondDiva~ racked: 2007-07-15 20:39