「きみのためにできること/村山由佳」を読んで

村山さんの小説では主人公が男(の子)の場合、
二人の女性の間で揺れ動く主人公の心のさまが物語の中心的な構成として描かれることが多い。
この小説もそうだった。

このテーマに関する村山さんの立ち位置はいつもはっきりしているし、変わらない。
僕(または私)が本当に必要とする人以外とは、
どんなに深い関係になっても絶対に一線だけは越えない。

どんなに激しく相手から求められても、
「求められている」ということで寝てしまうことはない。
村山さんのルールでは、「自分から欲すること」が絶対条件にある。

いろいろなところで書いてきたけど、僕は少し違う。
「自分が必要とされて求められること」が僕にとっては上位にある。
これは恋愛観と言うよりも、幸福論的な意味合いが強いかもしれない。

だから日菜子(ピノコ)を深く傷つけてしまうことになっても、僕なら鏡耀子を選ばざるを得ない。年齢差や仕事のキャリア、年収など実際的な面で互いの伴侶としてふさわしいかとか、人に よっては「人気芸能人の一時の気の迷い」「ちょっとした火遊び」みたいなことを言われることがあっても、僕だったら鏡耀子のそばにいてやりたいと思う、と思う。

表面的には気丈に見えても、内面では一人で立っていられないほど傷ついていることが痛いほどよく分かるから。
それに何よりも、波長が合って惹かれあってしまったのだから。
こればかりはもう、どうしようもない。
そういう運命にあったとしか言いようがない。

だけど、普段一石ものと言われている僕が、
内面ではこんなに流されやすいところがあるなんていうと
ほとんどの人は驚くだろうし、信じないだろうな、たぶん。


話が後先になってしまうかもしれないけれど、
ストーリーはシンプルであるにもかかわらず心理描写や展開してゆくときのスピード感はさすがとしか言いようのない出来であったし、
この頃を境に「腰の据わった感じ」と言うか
言葉では形容し難い安定感が出てきたと思う。

エンディングでの爽快感は今まで読んだ中では1・2位を争う出来だったかもしれない。
個人的には「BAD KIDS」のような重い終わり方も悪くないし、と言うかかなり好きなんだけどね。

きみのためにできること

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2007年05月26日 14:44
こんにちは!
おいしいコーヒーシリーズに引き続き、
村山さんの作品に浸っているようで☆
自分を必要としてくれている人と一緒
にいる事を選んだ方が。あらゆる面で
のバランスが、いい意味で保てる様な
気がします。結局最後に行き着くとこ
ろは、そんな幸福論的な思いかもしれ
ません。
私も個人的には、BAD KIDSの様などこ
となく重みのある感じ、好きです。
いろいろ感想文
2007年05月26日 23:20
凛さん、こんばんは。
いつもありがとうございます。
先月は思いっきり村山さんの作品に浸りきっていたので、今月は多少他の作家も読むようにして少しだけバランスをとるようにしています。
「きみのためにできること」という題名のストレートさって、シンプルなものだけが持つ力強さがあって好きです。
凛さんが以前にいいって言っていた「優しい秘密」とは、また趣が異なりますけど。「優しい秘密」はなんて言うか、静かに深く染み入るような味わいがあります。

この記事へのトラックバック

  • 携帯小説ランキング

    Excerpt: 基本的に純愛ものが好きで選んで読んでいますが、最近読んだのが 話題にもなっている、感動の恋愛小説 携帯小説 赤い糸 メイ の 物語です。 Weblog: 携帯小説 赤い糸 racked: 2007-05-27 01:59
  • 携帯小説ファン

    Excerpt: 携帯小説へのリンクや情報をを集めてみました。 よろしければどうぞ Weblog: 携帯小説ファン racked: 2007-06-03 10:38