「もう一度デジャ・ヴ/村山由佳」を読んで

シンプルだけど、シンプルさが気持ちいい作品だった。

「星々の舟」を読んだ後ということもあり、
スピード感や清々しさがかえって新鮮に感じられて、読後感としては悪くなかった。

今回改めて感じたのは、
ケンカや争いごとなど「アクセルがグッと踏み込まれて」展開が速くなるところの描き方が
この頃から既に一級品だったということだ。

ストーリーとしては、はっきり言って大したことはなんだけれど、
たぶん現役の作家で、このストーリーをこれだけ面白く書ける人は他にいないんじゃないかな。

喫茶店でコーヒーを飲みながら一気に読めてしまうところもなかなかだしね。




もう一度デジャ・ヴ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック