いろいろ感想文

アクセスカウンタ

zoom RSS 『おとなの恋の測り方』を観て

<<   作成日時 : 2017/08/13 14:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

製作配給:2016年松竹
原作:Corazon de Leon(コラゾン・ド・レオン)
監督:Laurent Tirard(ローラン・ティラール)
原題:Un homme a la hauteur
キャスト:Jean Dujardin(ジャン・デュジャルダン):アレクサンドル、Virginie Efira(ビルジニー・エフィラ):ディアーヌ

この手のラブコメは、
あらすじが観る前から大方想像がついてしまうけれど、
それをどう演じるかが
監督とキャストの腕の見せどころとなる。

期待に違わず面白かった。

ひとは同情や偽善でなく、
その人の本質だけをどれだけ見ることが出来るだろうか。

この映画ではこのことを
恋愛をとおして問いかけていた。

当然、言うだけなら簡単なこと。
頭や理性では、
障害のある人を差別してはいけないことくらい
十分わかっている。

難しいのは
それが自分や自分の家族のこととして
関係せざるを得なくなった時だ。

見た目の障害だけではなく
今の医療技術では
かなりの数の遺伝的な遺伝子異常が
分かるようになってきていて
たとえば自分の子供のパートナーに
それがあることがあらかじめ分かっていた場合や
自分のパートナーにあると分かったときなど
理性どおりの対応や判断が
果たしてできるか
と云うことだと思う。

ラブコメ仕立てで
テンポよく展開されていたが
この映画では結構深いところを
エグッテいたと思う。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『おとなの恋の測り方』を観て いろいろ感想文/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる